« 転がるおちび♪ | トップページ | 半立体♪ »

2011年11月11日 (金)

日常

今日は実家の父母のお誘いで、秋保温泉にあるスーパー“佐市”へ行ってきました

仙台近郊にお住まいの方ならきっとご存じ 手作りおはぎで有名なお店です。

お目当ては、名物おはぎと、トレーにぎっしり詰まったよく味の染みた煮物

あんこたっぷりのおはぎ♪買えました

Photo

そして、 前回おはぎ全品完売で、その実体を見ることができなかった…

『納豆おはぎ』を発見

納豆はもち米の中なのか、外なのか、甘いのかしょっぱいのか、いろいろ想像していましたが…

期間限定の『納豆おはぎ』、コレでした

Photo_3

Photo_2

おはぎ餅の上に、シソとネギとお醤油で和えた納豆がのっていて、

納豆餅をうんと食べやすくした感じ…でしょうか

甘いあんこを食べた後にぴったり♪甘いおはぎへ再び誘われます~

おはぎと煮物とお弁当、特大みそおにぎり、“すあま”に焼き芋、唐揚げ、三角揚げ…袋に3つも買って(もらって~)、県議会議員選挙の期日前投票をし、家まで送ってもらいました。

父母、幾つになっても甘えっぱなしで…ありがとう

お昼を美味しいおにぎりで済ませた後、オットの実家へも佐市名物を届け、その足で粘土用品の購入へ

在庫がなくなったドームケースと、シャドーボックス用のフレームを試しに1つ買いました♪

Photo_4

次はクリスマスのおちびです

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今日で東日本大震災から8か月を迎えました。

未曾有の被害を受けた被災県に住んでいますが、内陸部に住む私は震災前と変わらない生活を送っています。

一昨日、作業の帰り道、初めて仙台市荒浜地区を車で通りました。

地図では綺麗に区画が分かれ、細かく地番が書かれていた場所が土台だけの住宅地となり、小学校の敷地は流されてきたバイクや自転車の置き場になっていました。

道路を通るのはそのほとんどが復興作業のトラックです。

建物がなくなり、開けてしまった景色。青い秋晴れの空が本当に広く見えます。

同じ県内、同じ市内に住みながら、今も日常ではない時間を過ごしている人が、失われた家屋の分、それ以上にいるという現実が胸に突き刺さります。

これから厳しい冬を迎える被災地の方々が、辛い思いを重ねることがありませんように。

 

仙台市でボランティアを、とお考えの方がいらっしゃいましたら、こちらで個人、団体とも受付をしております。

 津波復興支援センター(旧:岡田サテライト)
〒983-0003
宮城県仙台市宮城野区岡田字南在家110-6
TEL&FAX 022-259-0731

※詳細はこちら

こちらの記事も、お読みいただければ…是非お願いいたします。

『8か月目の状況』(情報ボランティア@仙台)

|

« 転がるおちび♪ | トップページ | 半立体♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常:

« 転がるおちび♪ | トップページ | 半立体♪ »