« 開梱ボランティア♪ | トップページ | 今からできること~2 »

2011年5月28日 (土)

今からできること~1

今週報道された地方ニュースで「仙台市内の津波被災地で災害ボランティアが不足している」と知り、震災後2か月以上経った昨日、初めて沿岸地域でのボランティア作業に参加してきました。

ずっと被災地現地で何かお手伝いをしたいと思いながら、市内で募集があることにも気が付かず、力もない中年主婦の私が出て行ったら逆に迷惑をかけるのでは、と二の足を踏んでいましたが、このニュースを知り、居ても経ってもいられなくなり、思い切って、恥ずかしいも心配だも振り切って、「今やらなかったら絶対この後もできない」と決断して、担当のボランティアセンターに電話をかけました(本当に躊躇していたのです)。

ドキドキするままダイヤルを押して、「市内在住の40代主婦ですが、お役に立てることはあるのでしょうか」と単刀直入に伺ったところ、

「女性、男性、年齢にかかわらずどなたでも参加をお待ちしております!作業は泥だしなどの重労働から、引っ越しのお手伝い、避難所の掃除、ゴミを出せない世帯のゴミだしのお手伝い、写真の洗浄など沢山あり、女性の手が必要なところも数多くあります。」

と、受付の女性が優しい穏やかな声で返答してくださいました。

私にもできる仕事がありそうです

ホッとしたのど同時に、参加したい、何か少しでも役に立ちたいという気持ちがより強くなりました。

さっそく『仙台市災害ボランティアセンター』のHPで詳細を確認し、出掛ける準備にとりかかりました。

泥だし作業の担当になっても困らないように、長靴、軍手、厚手のゴム手袋、防塵ゴーグル、マスクを用意。

念のため長靴には釘踏み危険防止のインソールを入れました(用意周到の心配性です)。

110528

軍手は写真洗浄や引っ越しの梱包でも使いやすいように、“細かな作業用”フィットタイプのものを選んでみました(一双150円前後でした)。

翌日の朝、それらの道具と、水筒・お弁当、カットバン、ウェットティッシュを息子のデイパックに詰めて、汚れてもよいジーパンと半袖&長袖、ウィンドブレーカーを着て、朝のラッシュ時のJRに

~2へ続きます。

|

« 開梱ボランティア♪ | トップページ | 今からできること~2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めての電話って緊張しますよね。

*puco*さんの勇気に尊敬します。
まだまだ、人手が不足しているんですね。何もできないですが…
台風も近づいているようなので、気をつけてくださいね~~~。あと、お体も…(◎´∀`)ノ
勇気ある電話にぽちりんこ

投稿: きゅらぽん | 2011年5月28日 (土) 23時57分

きゅらぽんさんへ

初めての電話は本当に緊張しますね
前もってメモしたことを、息もつかずに
一方的にしゃべり通しそうになって、ハッ
変な敬語もしょっちゅうです~

きゅらぽんさん、お気遣いありがとうございます
できることだけ、できる範囲でちょっとだけ…。
平日誰もいない部屋での昼寝も
相変わらずしっかりですよ~

投稿: *puco* | 2011年6月 1日 (水) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今からできること~1:

« 開梱ボランティア♪ | トップページ | 今からできること~2 »